Don’t Know Where (full album/2011)

2011年8月リリースのデビューアルバム「don’t know where」

代表曲「Little Rusty Lemon」「Wake Me Up」、初めての日本語歌詞の曲「満月」、ライブでの人気曲「don’t know where」、Chimp Beamsによる「Wake Me Up」のリミックスなどボーナストラック含む全11曲収録。オルタナ/グランジ/シューゲイザー/パワーポップ/インディーポップファンにアピールする一枚。

購入 / web store

  1. Little Rusty Lemon
  2. Heavy Rainy Day
  3. 満月(Full Moon)
  4. Years Gone By
  5. Wake Me Up
  6. Don’t Know Where
  7. Turbo Nitro
  8. You‘re My Story
  9. My Honeydew
  10. ひかり
  11. Bonus Track: Wake Me Up (Chimp Beams Remix)

small finger records SFR-009
2,100円(税込)
2011年8月18日リリース

Don’t Know Where 歌詞和訳

取扱店舗

Honeydewオフィシャルウェブショップ, bandcamp, THISTIMEオンライン, amazon, iTunes, disc union, Tower Records

レコメンド

なにも考えずに再生!『車運転しながら聴きたいなぁ。』と思う。
車の中で聴ける音楽かどうか?俺の中では何故か重要。
お気に入りのアーティストのアルバム、自分が作った作品を最終的に車の中で聴く事が多い。
Honeydewの音はその中の一つになるんだろう。
爽快でどこか懐かしくもある。ちょっと若い頃を思い出す。
3ピースのバンドなんて気持ちを込めてなんぼのもん。
彼らの音楽で俺はどこか救われた。
しかもジャケ、よくよく見ると大好きなトヨタ2000GTじゃん!
最高にSEXYなフォルムを持つ日本史上最高の車だ。
まぼろしの名車。音楽も『まぼろしの美』があると思う。
彼らの音楽の中心にあるであろう『美意識』はこのアルバムから
多く感じ取る事が出来る。
車で聴こう!
清水ひろたか (MI-GU / Cornelius Group / Plastic Ono Band / IF BY YES)

Honeydewは、デビューアルバムにしてすでに円熟味を帯びている。
サイケデリックな泥臭さの中から溢れ出す、不思議と淡い世界。
リアルでありながらシュール、懐かしいようで斬新。
無気力のようで激しく、隙間だらけのようで隙がない。
日本人離れした絶妙な音楽的感覚と、遊び心に満ちた奇天烈な楽曲構成に、まるでサーカスを見ている少年のようなワクワクを覚えます。
確かな技術と知識に裏打ちされた快活なHoneydewグルーヴは、聴き応え満点!

なで彦さん (texas pandaa / Flow The Girl)